1960 Tortolani
ゴールドリーフイヤリング

detail: Tortolani ゴールドリーフイヤリング

1960年代
イタリア人デザイナー、フランシスコ•トートラニによってアメリカで設立されたブランド。
ブランドがスタートしたのは1950年のことで、1960年代に一気に知名度を上げる。

製作技術が高いことで知られており、
特にその3D技術…立体感とハンドメイドによる造形技術に定評がある。
素材はすべてメタル製で、土台となるプレートにはシルバーまたはゴールドメッキ仕上げとなっている。

メタルにパールを組み合わせることはあったが、カラーストーンを使うことはなく、
同時代のジュエリーブランドとは違った魅力をもつ個性あるブランドとなっている。

1976年にはブランドを閉鎖。
多くの異彩を放つブランドにはトートラニのように20年ほど集中して、
クオリティの高いジュエリーを作り、ある時期を境に燃え尽きたように、
工房を閉鎖してしまったり、ハスケルのように精神を病んでしまうデザイナーも多い。
それだけ、全身全霊だったことが想像できます。


こちらのイヤリングも、そんなトートラニの造形美を象徴するような作品。
一切のカラーストーンを使わず、作品としてのシンプルな美しさにこだわりと彼の才能を感じます。

彼が得意とした立体的な作品となっており、
シンプルでありながら、エッジも感じさせるモードなヴィンテージジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E612
Size 1.8×3.5cm