1960 Boucher
ホワイトスネークブローチ

DOVER STREET MARKET GINZA様3階でお取り扱いして頂いております。
detail: Boucher ホワイトスネークブローチ

1960年代
20世紀最初のコスチュームジュエリーメーカーとして知られている、
マルセル•ブーシェはフランスのジュエリーデザイナー。

1898年パリで生まれ、カルティエのデザイナーになる。
カルティエでの経験や技術が、
後に立ち上げる彼自身のブランドのクオリティの高さの基盤となったと言われています。

1922年、その類い稀なる才能を買われ、彼はニューヨークのカルティエに転勤となり移住。
その後カルティエを去り、1937年には自身のブランドを設立する。

1939年頃から、当時主流だったアールデコスタイルとはまた違った彼自身のデザインを確立し、
一気にブレイク。
ダイヤ等を使ったハイジュエリーを除くコスチュームジュエリーの世界では、
そのデザイン、技術共にトップと言われるようになる。

当時のフランス人デザイナーに多い、洗練と上品さを兼ね備えたデザイン。
存在感がありながらも、その個性は身につける方と共存する。
ブーシェのジュエリーには、他のデザイナーにはない強い個性があるのです。

ブーシェはカルティエで学んだハイジュエリーらしいジュエリーと、
生き物や植物等をモチーフにした美しく、愛らしいジュエリーシリーズを得意としていました。
どちらのシリーズにも評価が高く、ジュエリー本に掲載されている名品がそれぞれあります。

こちらは後者の動物シリーズ。
ヴィクトリア女王が婚約指輪に選んだのは、ヘビのリングでした。
ヨーロッパでは強い影響力があったと言われるヴィクトリア女王のファッション。
女王がヘビのジュエリーを選んだことで、人気のジュエリーとなりました。

それから1世紀が過ぎても、才能あるジュエリーデザイナーによって、
こうしてヘビのジュエリーが制作されていることは、とても興味深いです。

そして、クラシカルなジュエリーモチーフとなったヘビを、ブーシェの解釈で、
モダンに、美しく仕上げらえています。

ゴールドカラーと、光沢のあるホワイトカラーのボディが何ともクールで、
対照的に表情は可愛らしいです。
造形は言うまでもなく、最高に美しいです。
ご購入前にこちらをご覧ください。
No B427
Size 3×6.5cm