1880 ヴィクトリアン
タッセルブレスレット

detail: ヴィクトリアンタッセルブレスレット

1880年代製。
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことがヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのはこういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

イギリスではヴィクトリア時代に多くのシルバーが産出されたことから、シルバー製のジュエリーが多く作られました。


こちらのブレスレットも職人のハンドメイド。
細工が細かく、作りがとてもデリケートで美しいです。
タッセル部分に至っては、どのように作ったのか?と思うほどの細かさ。

ヴィクトリアン時代の高い職人の技術を象徴するジュエリーです。


個人的にも、ヴィクトリアン時代のジュエリーをコレクションしています。

イギリスに買い付けに行くのは、私が暮らしていたこと、多くの才能あるジュエリーディーラーと公私共に親交があることも理由ですが、ヴィクトリアン時代のジュエリーをどうしても私の目で見て、買い付けしたいという思いがあるからです。

買い付けの度に職人たちの誇り、技術を感じ、時代を越えて、感動に包まれます。

こちらのブレスレット、サイズが大きめです。
男性の方向けです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No BL27
Size 20cm
Price
39,000円(税抜)
購入数