1940
ホワイトリリーイヤリング

detail: ホワイトリリーイヤリング

1940年代製
1940年代に多くジュエリーデザインに取り入れられた花と動物のモチーフ。
ジュエリーはファッションよりもトレンドのサイクルが早く、デザインに時代背景等が反映されていました。

戦後、クリスチャン•ディオールが『ニュー•ルック』を発表。
平和を求めるかのように、優美で女性らしいスタイルがたちまち広がっていったことが大きな影響を与え、
ファッションと同様にジュエリーも女性らしく、自然主義から発想したと思われる花、鳥、蜂等のモチーフのジュエリーが一気に人気となりました。

花もまた、この時代のトレンドの一つでした。
リリーをモチーフにしたこちらのイヤリングは、
細部に渡るまで愛らしく、耳につけた時に揺れると、さらに一段と美しくなります。

1930年代から続くジュエリートレンドである、ホワイトのガラス一色のみでデザインされており、
美しいデザインを際立たせ、どんなカラーの洋服にもマッチするようになっています。

アンサインという、デザイナーやブランドのジュエリーではありませんが、
クオリティも、デザイン性も高く、素晴らしいヴィンテージイヤリングです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E426
Size 長さ7cm
Price
70,000円(税込77,000円)