1887 イギリス製
シルバーレースピアス

detail:イギリス製シルバーレースピアス

1887年製
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことが
ヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、
女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、
ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのは
こういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

ヴィクトリア時代、イギリスではシルバーが産出されたことから、
シルバー製の食器、カトラリー…ジュエリーが数多く制作されました。


こちらのシルバーピアスも、ヴィクトリア時代を代表するジュエリーの一つです。
中心にある3枚の葉を囲むように、アンティークレースのような繊細なデザインが
されています。何とも、ロマンティックで可憐なデザインです。
デザインがとても繊細でありながら、作りからは強さも感じ、
身に付けて頂いたときに、いかに手が込んで制作されていたかを感じて頂けると思います。

色はイエローゴールドです。
シルバー製の刻印があるので、シルバーが92.5%以上で制作されていますが、
デザイン上、イエローゴールドカラーの方が良いと当時の職人が判断して、
銅などの金属を混ぜて、イエローゴールドカラーにしてあります。
愛らしく、美しく、クオリティの高いヴィクトリアンシルバーピアスです。
当時、職人によって制作された美しいジュエリーは100年を経ても、色褪せることがありません。

5枚目の写真にあるように、菱形のパーツが3箇所欠けています。(それぞれ約1mmです)
肉眼では分からないレベルです。
価格には反映してありますので、ご了承ください。


ご購入前にこちらをご覧ください。

No E398
Size 1.4cm(チャーム部分)
Price
30,000円(税込33,000円)
購入数