1930
アール・デコガラス&マーカサイトリング

detail: アール・デコガラス&マーカサイトリング

1930年代
アールデコ期のリングです。
アールデコとは…
1925年、パリで開催された現代装飾・工業美術国際展の通称だったアールデコ博が由来。
1920〜30年代にかけて、アールデコは大きなムーブメントとなりました。
自動車、鉄道等の交通手段の発達と共に、人々の生活スタイルも大きく変化します。
動きやすいシンプルな服が主流となり、ココシャネルに代表されるような女性の社会進出も進む。
こうした時代情勢に合わせて、
ジュエリーもよりシンプルでモダンで、コントラストの大きいデザイン、
アールデコが生まれました。

こちらは、アールデコ期のリングです。
真ん中のグリーンのガラスはエメラルドを模したガラス。
ガラスで貴石を模して、制作する文化があり、こちらはエメラルドを模しています。

グリーンのガラスを引き立てているのは、マーカサイト。
マーカサイトはは18世紀中期、ダイヤモンドの代用品として生まれました。
当時も高価だったダイヤモンドの盗難よけ用のコピーとして、多様されました。
18世紀当時は輝きもあまりなかったのですが、時代と共に研磨の技術が進化し、
より輝きの美しいマーカサイトが作られるようになりました。
ヴィクトリアン時代になるとマルカジットは大流行し、
1900年代になっても人気は衰えませんでした。
現在もマーカサイトは製造されていますが、1900年代初頭のもののようなクオリティの高いものは製造できないと言われています。

デザインは、アール・デコ期の特徴がよく表れ、とてもモダンです。
約100年も前に制作されたと思えないほどに、洗練されています。

グリーンのガラス部分に擦れがありますので、ご了承ください。
価格に反映してあります。


ご購入前にこちらをご覧ください。
No R67
Size 12号
Price
25,000円(税込27,500円)